FC2ブログ

模型の制作代行と趣味の日記

2020-06

バンダイ1/5000スター・デストロイヤーその4 [LED改造編]

 さて、スターデストロイヤーの続きです。
光ファイバー植林作業は、とりあえずブリッジのブロックが終わったので一旦中断し、この付属のLEDユニットをいじくり回そうかと思います。

sonota1523.jpg
やる事は2つ!
LEDの増設と、電源スイッチの統一です。

それでは少々長くなりますが、続きをどーぞ。


さて、とりあえず植林が終わったブリッジのブロックを点灯テストしてみようかと思ったら、いきなり想定外のアクシデント発生…。
sonota1539.jpg
こんな感じに本体にブリッジのブロックをはめ込むのですが…
ぶつかるんですよ…。

sonota1524.jpg
赤枠の光ファイバー達が、LEDユニットに…。
そして無理にはめ込めば、根元から折れるという…。
LEDユニットが思ってた以上にブリッジ内部に入り込む形になり、特にここの部分はすれすれのスペースしかないので、光ファイバーとの接触は避けられないようだ。
…さて、どうちよう。

sonota1525.jpg
まぁやれる事は一つですよね。
LEDユニットの下側の外装を外し、削れる所は限界まで削って、LEDユニット本体を薄くしました。
これで光ファイバーとの接触を避ける事が出来ました。

ってか、キット付属のガイドブックの、光ファイバー発光モデルの作例だと、特にこの点には触れていなかったけど、大丈夫なのだろうか…。
ここ絶対ぶつかるぞ!

sonota1526.jpg
そしてブリッジの光ファイバーも整理しました。
植え付けた光ファイバーにはとにかく衝撃は与えたくないので、こんな感じに保護しておきました。



さてさて!これでやっと本題に入れるぜ。
sonota1527.jpg
まずはLEDの増設。
この付属のLEDユニットは12灯式なのですが、コネクターが2つ余るのである。
説明書では赤枠のコネクターには何も取り付けずスルーさてれしまっているが、ここも使えればプラス4灯になるので、ぜひ使いたい。
ちなみに、この赤枠のコネクターにLEDを繋げても、普通に点灯します。

sonota1528.jpg
一応念のため基板を確認してみましょう。
まぁ大体想像どうりの簡単な作りっすね。
もちろん例の未使用コネクターの部分にも、他のコネクターと同じように、ちゃんと抵抗や配線がされています。

ってか、このLEDユニット、来月に定価6.050円で単品販売されるようだが、これでその値段は高すぎないっすかね…。
これなら自作した方が1/10くらいの値段で済みそうなので、作れる人は絶対自作した方が良いだろう。


では空きコネクタを使ってLEDを増やすとなると、障害となるのがコネクターである。
sonota1529.jpg
このコネクターと同じ物を探さなくてはならない。

sonota1530.jpg
という事で見つけました!
名前はPHコネクターの4ピン。
秋葉原の秋月電子で、コネクター10個入り50円と、コンタクトピン10個で40円。

sonota1531.jpg
完成!
これで空きコネクターを使えるぜ!
ちなみに取り付けたLEDは大きい5mm玉。



よし、次にやるのは、電源スイッチの統一。
sonota1532.jpg
このキット、電源の入れ方がかなり面倒で、まずブリッジを外し、付属のマジカルスティックを使って、複数に分かれたスイッチを一つ一つ入れていかなくてはならないのだ…。

毎回のこやり方では大変だし、しかも内部はか弱い光ファイバーでごったが返しているので、光らせるのが気が重い作業となってしまう事だろう。
それでは本末転倒なので、何とか気軽に光らせられる親切設計にして上げたい…。
という事で電源スイッチ統一化、そしてブリッジを外さなくても良いように改造します。

ではまずスイッチをどこに設置するか。
sonota1533.jpg
わたくしが選んだのはここ。
この赤枠の部分は特に何もない所なのですが、何故かここだけ蓋の様に別パーツになっており、「ここにスイッチを付けちゃいなYO!」と言うバンダイ様からのメッセージが聞こえてくるかのような作りになっていますので、ここを使わない手はないでしょう!

sonota1534.jpg
内側から加工して、スイッチを取り付けます。

sonota1535.jpg
こんな感じっすね。
磁石を組み込んであるので、簡単に蓋を外せて、戻せばパチっと閉まります。
これでLEDユニット本体のスイッチを全てONの状態にしておけば、このスイッチを入れるだけで全てのLEDが光る仕組みです。



さて、せっかくなので更にLEDを増設しようと思います。
前にも書きましたが、エンジンのバーニアをがっつり光らせたいし、LED一つに大量の光ファイバーを繋げると、ごっちゃごちゃになって、メンテの時に地獄を見るので、多くLEDを増設して、各ブロックの光ファイバーごとにLEDを割り振る形にしたいのです。

sonota1536.jpg
という事で、更に13灯ほど増設しました。
①は本体下面のアームがある所用で、②はエンジンの大きいバーニア用で5mm玉を3つ。

sonota1537.jpg
これで大小のバーニア全てに一つずつLEDを設置する事が出来ました。

sonota1538.jpg (1024x768)
ふぅ…これでLEDユニットの改造が終わったぜい!
さて、再び植林作業に戻りますかね。

ちなみに一応、数時間ほど付けっぱにしてテストしましたが、特に問題もなく良好でした。
が!もし参考にされるなら自己責任でお願いします。

コメント

いやぁ〜恐ろしくめんどくさそうな作業ですね。
でもこれが完成した時はさぞ壮観な眺めでしょうね。

現在出来上がっているブリッジのブロックだけでも、光らせるとちょいとした感動がありますよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torahanako.blog28.fc2.com/tb.php/976-a52e6e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。 ※ブログ記事のカテゴリ[個人趣味製作]にて掲載している物は、管理人が個人的趣味で製作した物となり、製作のご依頼はお受け出来ない物となりますのでご了承下さい。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





完成記事リンク

フルスクラッチ可動フィギュア 1/12スケール矢追純一UFOスペシャルのリトルグレイ

コトブキヤ 1/10ロックマン ブルース改造マグネットマン

コトブキヤ 1/10ロックマン ブルース改造クラッシュマン

コトブキヤ 1/10ロックマン ブルース改造メタルマン

1/12スケール水難救助訓練レスキューマネキン

フルスクラッチ1/12郵便差出箱2&5号

フルスクラッチ1/12郵便差出箱1号初丸型&角型

フルスクラッチ1/12郵便差出箱8号初期型&郵トピア記念ポスト

wave 1/12 アストロシティ

1/12フルスクラッチ 全自動麻雀卓 アモスアルティマ

MG 1/100 強化型ダブルゼータガンダム Ver.Ka

バンダイ スター・ウォーズ1/2 BB-8

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

トランスフォーマー DMK-03 オプティマスプライム ロストエイジVer.

マクドナルド フードストラップ カスタム

フルスクラッチトランスフォーマーアニメイテッド サリ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する