FC2ブログ

模型の制作代行と趣味の日記

2020-06

奥多摩へ行こう2019

 今年もこの季節がやってきましたぜ!
奥多摩探索2019でございやす!!

okutama324.jpg(1024x768)
奥多摩駅の入り口は、現在工事中のようだ…。

さて!祝10回目となる今回の探索は、前回と同じ廃道の探索となります。
前回は人と遭遇したり、途中で雨が降ってきたりしたせいで、精神的にゆとりが無く、心行くまで堪能出来なかった事もあり、あの廃道に少々未練があったりしましたので、再び行く事にしました。

それで一応今回は新たな収穫もあったりしますので、良ければ続きをどーぞ!




ではスタートです。
okutama325.jpg
今回も出発地点はこの大沢というバス停から。

okutama326.jpg
バス停向かいにある差出箱2号。

okutama327.jpg(1024x768)
そして時刻は11時5分、廃道入り口に到着。
ここに来るのも3度目となりますな。

okutama328.jpg(1024x768)
今年も楽しく怖い廃道探索の始まりだぜい!

okutama329.jpg(1024x768)
そして一気に飛ばして、この廃道第一の関門となる崩落地点へ到着。
初めて来た時はここで引き返し、二度目の時は初回には無かった虎ロープが張ってあり、それを掴みながら突破。
そして今回は…

okutama330.jpg
虎ロープほつれてるっ!?
虎ロープは知ってのとおり黄色と黒の二本のロープをねじって虎柄にしているのですが、黄色い方が切れて黒のみになっているようだ…。

okutama331.jpg(1024x768)
まぁそれでも一応掴んで突破。
この虎ロープの寿命も短いだろうな…。

okutama332.jpg(1024x768)
そしてまた飛ばして第二の関門となる通称ダストシュート。
積もった土砂の真ん中がくぼんでいるのが分かるでしょうか。

okutama333.jpg(1024x768)
前回の時の写真では分かりにくかったですが、くぼみの中はこんななってます。
つまりくぼみに落ちたら谷底へポイされるわけですな…。
ダストシュートの意味お分かり頂けたでしょうか。
わたくしはクズだけどゴミではないので、無事ポイされずここも突破。

okutama334.jpg(1024x768)
そしてまたまた飛ばして、氷川高山が見える所までやってきました。

okutama335.jpg(1024x768)
前回もお話しましたが、ここ辺からはこちら側の道の下も少し雰囲気が変わってきて、配管やらコンクリで出来た何かの跡があったりと、向かいの氷川高山と関連がある感じになってくるのです。

そして前回の探索で気になっていたのが、下の方に見えるコンクリの階段らしき物。
石と落ち葉で埋もれてかなり分かり難いですが、階段っぽく見えるのですよね…。
もしかしたら、ここ降りれて下に何かあるのだろうか…。

という事で降りれそうな場所を探してみると…。

okutama336.jpg(768x1024)
あっさり見つかりました!階段が!!
去年のわたくしは、この階段を見逃していたようだ…。
しかし、降りるのにかなり度胸が必要な階段だなこれ…。

okutama337.jpg(1024x768)
見た目は超怖いが、降りるルートをしっかり決めて、そこだけしか見ないようにすれば何とか降りられそうである。
という事で恐る恐る降りて近づいてみると、その全貌が徐々に明らかになってきました。
コンクリの柵もあるし、こりゃ何かあるな…。

okutama338.jpg(1024x768)
おおっ!
こんな広場が道の下にあったなんて…!!
わたくしがネットで見てきたこの廃道のレポートでは、どれもこの広場には触れていなかったので、完全未知の領域です!

okutama339.jpg(934x442)
写真を2枚つなげるとこんな感じで、鍵穴というか古墳のような形の広場です。
よし奥多摩古墳と名付けよう。

それでコンクリの基礎があるので、何か建物があったのだろう。
鉱山関連だろうか?
そして奥には電線の鉄塔がある。

okutama340.jpg(768x1024)
木製電柱。

okutama341.jpg(1024x768)
そして横には解体された木製電柱…
に混ざって廃レールもっ!!
やっぱあったか!あっちゃったか!!

okutama342.jpg(1024x768)
また別の所にも輪切りにされた電柱があります。

okutama343.jpg(768x1024)
奥にある電線の鉄塔。
これは生きているので、このスペースは完全な廃ではないようです。

okutama344.jpg(1024x768)
そして虎ちゃんは見逃しませんでしたぜ!
鉄塔近くの危ない所にあった梯子状に溶接された廃レールを!!
…思った以上に良い所じゃねーかここ!!

okutama345.jpg(768x1024)
しかも何気にここからだと氷川鉱山が更に良く見えるのである!
現在では採掘は終わり廃となってしまった氷川鉱山ですが、多分この写真に写っている範囲だけは生きているっぽい。
新たな採掘の拠点となっている天祖採掘場から運ばれて来た石灰石を、写真のベルトコンベアで地下まで運んで、そこで氷川線のトロッコに積んで奥多摩駅隣のプラントまで運ぶのだ…多分。


okutama346.jpg(1024x768)
その氷川線の4箇所ある地上部のこれが最初の1箇所目!
この一箇所目の鉄橋は近づける場所がまったく無い為、かなり遠目から見るしかなく未知な所が多かったが、今回やっとトンネルの出口を見る事が出来ました!
こんななってたのか…。
さて、そろそろ戻るか。

okutama347.jpg(768x1024)
戻ってまいりました。
さて先に進むかね。

okutama348.jpg(1024x768)
12時20分、目的地へ到着。
ふむ、虎ロープとダストシュートの所で少し気を使ったくらいで、後は普通に着いちゃったな…。
慣れって怖いね。

okutama349.jpg
さて!今回も廃トロを前にお昼にしましょうか。
優雅なランチタイムである…と言いたいが、結構寒い…。
本日は日差しはあるけど、風が冷たいのである。

okutama350.jpg(1024x768)
トロッコの近くにある氷川鉱山へつながる吊り橋。
橋桁はすでに外されていて渡るのは不可能。
今回は柵を越え近くまで来てみました。

okutama351.jpg(1024x768)
ここからだと先ほど見た氷川線の鉄橋がさらに良く見えますな。
トロッコが止まっている。
ってか監視小屋が何気にかなり恐ろしい所に建てられている…。

okutama352.jpg(1024x768)
ではあまり休憩はしていないけど、先へ行くとしましょうか。
ってか体の動き止めていると、吹き付ける風に体温奪われる一方なので、動いていた方がマシ…。

前回、ここから先へ行こうとしたら雨が降り出したので、未練があったのです。
ちなみにここら先の道は、行ってもすぐに通行不可能な状態になるそうなのですが、それでも自分の目でいける所までは見てみたいですからね!
何より鉱道もあるようですし。

okutama353.jpg(1024x768)
まったく役に立っていない門を越えると大きいバルブがある。

okutama354.jpg(1024x768)
廃レールで組まれた…柵?

okutama355.jpg(1024x768)
そして鉱道。
わずかに扉が開いているが、中は当然まっくらで何も見えず…。
もちろんライトも持って来てはいないし、中に入る気はまったく無し。

okutama357.jpg(1024x768)
そして終わりはいきなりやってきました。
門の所から20m無いくらいか…。

うむむ、こりゃわたくしには無理ですな。
土砂の積もった道の斜面っぷりと、道下の落ちたらヤバイレベルは虎ロープの所と同じくらいですが、違うのは土砂が積もっている距離が長いのと、何より虎ロープのようなお助けアイテムが無いので、こりゃ突破しようがないわん。
戻るか…あっさり終わっちゃったわん。

okutama358.jpg(1024x768)
せっかくだし物足りないので、門の横にある上へ行くもう一本の道もいってみる。
この上には広場にあった壊れたお堂が元々あった場所で、それ以外は何も無いのですが一応ね。

okutama359.jpg (1024x768)
登るとこんな感じ。
ここにお堂があったようだ。

okutama360.jpg(768x1024)
振り返ると広場が一望できました。
さて帰るか。
まぁ門から先の所はかなりあっさり終わっちゃったけど、奥多摩古墳の発見が大きな収穫でしたので、わたくし的には大満足ですわ。

okutama361.jpg
(1024x768)
廃道の入り口に到着。
現と廃の境界線であり、出るときは安心から一気に気が抜けるのです。
よし…今回も無事生還できた。
慣れた道とはいえ、やはり廃道…ある程度は緊張していたんですな。

okutama362.jpg
14時20分、大沢バス停まで帰ってきました。
さてバスを待とうか…と思ったら、次のバスが50分後でした…。

待ちたいがとにかく風が冷たいので、ここで動かず50分待つのは辛すぎる…。
という事で、駅まで歩いて帰る事に…。

okutama363.jpg
ううう…こんなはずでは。

okutama364.jpg(768x1024)
やっと奥プラが見えてきた!

okutama365.jpg(768x1024)
奥プラが見えてきた辺りから、ちらほら民家や商店が増えてくる。
そしてそんな商店の横には丸ポストこと差出箱1号がある。
奥多摩にはわたくしが知る限り、4本の丸1号があるんです。

okutama366.jpg(1024x768)
そして15時10分…奥多摩駅に到着。
まさかこんなに歩くはめになろうとは…。

okutama367.jpg
という事で今回の奥多摩探索はこれで終わりです。
歩いた距離は10kと64m。
まぁ地図上の計算では、広場や奥多摩古墳はぐるりと一周するだけの計算なので上記の距離数ですが、実際はちょろちょろ動き回って探索しているので、もっとでしょうか…。

それでは長々とお付き合いありがとうございました!
m(_ _)m













コメント

今年も行ったんですね。
でも気をつけてくださいね。
奥多摩はもう少し奥へ行くともしもの場合、ヘリで救急搬送とかになりますからね(笑)
いやほんとに(笑)

ありがとうございます。
一応最善の注意は払って行動していますので大丈夫ですよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torahanako.blog28.fc2.com/tb.php/944-9ceaa5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。 ※ブログ記事のカテゴリ[個人趣味製作]にて掲載している物は、管理人が個人的趣味で製作した物となり、製作のご依頼はお受け出来ない物となりますのでご了承下さい。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





完成記事リンク

フルスクラッチ可動フィギュア 1/12スケール矢追純一UFOスペシャルのリトルグレイ

コトブキヤ 1/10ロックマン ブルース改造マグネットマン

コトブキヤ 1/10ロックマン ブルース改造クラッシュマン

コトブキヤ 1/10ロックマン ブルース改造メタルマン

1/12スケール水難救助訓練レスキューマネキン

フルスクラッチ1/12郵便差出箱2&5号

フルスクラッチ1/12郵便差出箱1号初丸型&角型

フルスクラッチ1/12郵便差出箱8号初期型&郵トピア記念ポスト

wave 1/12 アストロシティ

1/12フルスクラッチ 全自動麻雀卓 アモスアルティマ

MG 1/100 強化型ダブルゼータガンダム Ver.Ka

バンダイ スター・ウォーズ1/2 BB-8

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

トランスフォーマー DMK-03 オプティマスプライム ロストエイジVer.

マクドナルド フードストラップ カスタム

フルスクラッチトランスフォーマーアニメイテッド サリ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する