模型の制作代行と趣味の日記

2018-05

奥多摩へ行こう2018

 暖かくなってきましたね!
桜満開!そして天気予報では「夏日」という言葉を聞くようになってきまして、本日も(昨日ですが)快晴で、気温もその夏日並との事。
という事で奥多摩探索2018でございます!

okutama271.jpg
昨日の話ですが、今年も行ってきましたよ!
そして今回の探索は、丁度一年前に探索して、途中で断念し撤退した廃道のリベンジ戦となります。

↓去年の廃道探索記事
http://torahanako.blog28.fc2.com/blog-entry-760.html

ちょいとした攻略アイテムを携えてのリベンジ戦!
毎度ながら長い記事となりますが、よろしければ続きをどーぞ!


10時25分バス亭に到着。
さて、今回の出発地点は、この大沢というバス停となります。
okutama272.jpg
去年の出発地点である白妙橋の一つ前のバス停になります。

okutama323.jpg
去年は橋を渡り山道を登って、おっかない集落の中を突っ切って行きましたが、その山道から集落の区間で結構体力を奪われましたので、今回は地図を見直し、一つ前の大沢でバスを降りて別の道から進んだ方が近道だし、道自体もずっとゆるやかだと考えました。

okutama273.jpg(768x1024)
そしてバス停の向かいのお店(現在は営業していないっぽい)の壁に、郵便差出箱2号を発見!!
2号は壁に掛けるタイプの小さな郵便ポストで、昭和時代の民家の郵便受けにそっくりなのが特徴。
実際に実物を見るのは初めてですが、思ってたより大きいですね。

さて、では進みましょうか。
okutama274.jpg
釣り場にあるレストラン。
廃墟だったはずですが…すっかり綺麗になって、復活したのでしょうか?
店員さんらしき人もいます。

okutama275.jpg
そして先を進みまして、去年置かれた資材の中に廃レールを発見した所(上記地図で矢印がぶつかる所)、ちょうど狭い山道からアスファルトの広い公道に切り替わる地点に到着。
やはり予想通りここまで体力を使うことなく来れました。
幸先の良いスタートである。

okutama276.jpg
その廃レール…。
これ俺にくれねぇかな…。
まぁ貰えてもこれ担いでバスや電車に乗るのかという話ですが…。

okutama277.jpg
そして一気に飛ばして11時10分、廃道の入り口へ…って!車!?
先客か…?正直あまり人とは会いたくないので、少し不安になる…。



okutama278.jpg(768x1024)
まぁ人に会わない事を願いつつ、去年の失態を弁解すべく!リベンジ戦スタートです!!

okutama279.jpg(768 x 1024)
進むと去年は気付かなかった、纏リスの看板を見つける。
確かとある依頼者様が好きなヤツだよなこれ。
メールで画像を送ってみよう。

そしてまたまた飛ばして、去年突破出来ず撤退した地点へやってまいりました…。
okutama280.jpg(768x1024)
相変わらず怖さハンパじゃねーなぁ…。


動画です。



さて、持ってきた攻略アイテムを使おうかと思ったその時、去年と明らかに違う所を発見!!

okutama281.jpg(1024x768)
虎ロープ!!復活しちょる!!

去年の写真
okutama322.jpg(1024x768)
実は去年帰宅後に、ここを突破した方の廃道レポートを改めて見返したところ、ここに張ってあった虎ロープを手掛かりにして突破していた事が分かったのですが、そんなロープあったっけ?と写真を見返すと、見事に切れて周囲の枝とかと同化していたのである…。
ゆえにその存在すら写真を見返して初めて気付くくらいでした。

しかし今年はそれが復活している!!
少々たるんではいるが、引っ張ってみるとしっかり結び付けている様なので、これは攻略アイテムを使わなくても突破できるかもしれん!

okutama282.jpg(768x1024)
突破しました!
ロープのたるみは、ピンと張るように引っ張っりながら進めば何て事もなく、スーパー頼りになる存在でした。
ありがとう!虎ロープ!

okutama283.jpg(768x1024)
さて!ここからはわたくし的には未知の領域となります。
ネットで見てきた様々なこの廃道のレポートでは、ここから先は特にヤバイ所は載っていなかったので、後は楽な道のりかな…?

okutama284.jpg(768x1024)
少し進むと広い所に出ました。
気持ち的に安らげる瞬間である。

okutama285.jpg(768x1024)
安らぎ終了。

okutama286.jpg(768x 024)
そして土砂が道を被い斜面となっている場所が…。
新たな修羅場がぁぁ…聞いてないよっ!

okutama287.jpg(1024x768)
道崩壊レベル3 突破難易度B
積もった土砂の中央は窪んでおり、滑り台というかダストシュートの様になっておりますので、足を滑らせれば崖下にポイされる作りとなっております…。

okutama288.jpg
なんとかポイされる事もなく、無事突破出来たので先に進みます。


っとここで遂に人と遭遇します!しかも犬を連れた…。
最初にその犬が見えたのですが、色が真っ黒な犬だったので、一瞬小熊かと青冷めたのですが、犬特有のトントントンと少し跳ねるような歩き方と、すぐ横に座って一服するおじさんが見えたので、取り敢えずホっと一息…。

ここで軽く会釈した後

おじ様:少し驚いた顔で「どこ行くの?」
虎ちゃん:「昔使われていた道と聞いて見に来たんです」←白々しい
おじ様:「え?…危ないよ?」
虎ちゃん:「はい、まぁ無理そうでしたら、すぐ引き換えしてきますんで」

では!と、心配しなくて大丈夫ですよアピールをしつつ、少し恐そうなおじ様だったので、また軽く会釈をして逃げるようにささくさと進みます。
ってか、あのおじ様と犬、というか特に犬!これまでの危ない所突破して来たのか…?
深く考えるのはやめて、先へ進もう…。

okutama289.jpg(1024x768)
そしてまた新たな修羅場が…。

okutama290.jpg(1024x768)
道崩壊レベル3 突破難易度B
エキサイトバイクかっ!とツッコミたくなる、二つ仲良く並んだ土砂の山…
ちなみにここの下も例外ではなく、急斜面の崖となっておりますので、滑って落ちたら重症or死亡なのでとても危険です…。

okutama291.jpg(1024x768)
ペッペッペ ペレッペー!(FC音源で)と、なんとか突破…。
ってか、聞いてない修羅場の数々と、人&犬との遭遇で、まったく気持ちが落ち着けない…。

okutama292.jpg(768x 024)
さて進もう…。
先はこんな状態ですが、視界に土砂の山が無いというだけで少しホっと出来る。

okutama293.jpg(1024x768)
やはりそんな一息もつかの間で、本日二人目の人に遭遇…。
今度は写真に写ってましたって!猟銃持ってるし…。

そしてまた軽く会釈をしつつ

虎ちゃん:「凄い物(猟銃)持ってますね。何か動物いるんですか?」
おじ様B:ニッコリしながら「うん、鹿」
虎ちゃん:「へぇ~、そういえばさっき犬を連れた方に会いましたが、お仲間の方ですか?」
おじ様B:「うん、おまわりさん。」
虎ちゃん:「うn!?」

虎ちゃん:「この先の道って危ない所ありますか?」
おじ様:「下に下る所がちょっとねぇ~」
虎ちゃん:「ほう、まぁ危険そうならすぐ引き返してきますんで~」

と、またニッコリ会釈をして先に進みます。
猟友会の人だろうか…、ってかさっきの犬を連れた人はおまわりさんだったのか…。
知らんけど、狩をする時は警察同伴みたいな決まりでもあるのかな。

okutama294.jpg(768x1024)
さて、先に進むと突然鉄塔が見えてきました。

okutama295.jpg(1024x768)
ってか、例の虎ロープの所からもう結構歩いてるけど…、目的地までは後どれくらいなんだろうか…。

okutama296.jpg(1024x768)
そんな事を思いながら歩いていると、それは突然現れました。
氷川鉱山!!!11
目指す目的地は、丁度谷を挟んだ対岸の氷川鉱山の真正面にあたるので、氷川鉱山が間近に見えているという事は、ゴールは近いです!

okutama297.jpg(1024x768)
崖下を見るとコンクリの基礎やら階段やらがあって、明らかにこちら側も雰囲気が変わってきました。
これはテンションが上がらざるを得ない!

okutama298.jpg(1024x768)
一応足元には気を付けつつも、心は完全に目の前に広がる氷川鉱山に奪われております。

okutama299.jpg(1024x768)
視界一面に広がる壮大な氷川鉱山…。
これまでは都道204号日原街道から、鉱山を右側から遠目で見る形でしか拝めませんでしたが、今回は真正面から見る形となりますので、今まで見たくても見れなかった場所が色々と、そしてかなり近くで見えるのです!
改めて壮大なスケールに圧倒されます…。



そして…


okutama300.jpg(768x1024)
見えた!!道の先に日光で光り輝く広場がっ!
遂に目的地が見えてきました!

okutama301.jpg(1024x768)
12時20分、到着…。
リベンジ達成…。(歓喜の涙

okutama302.jpg
とりあえず既に見えているトロッコは後のお楽しみとして、まずは廃レールを探そう!
今となってはただの空き地に見えますが、元はこの広場も鉱山関連の所。
前情報は無いですが、きっと廃レールも放置されているはず!

どこっ!廃レールはどこなの!?

okutama303.jpg(1024x768)
あった!やはり無いわけがないのだ!
3~4mくらいのへろへろに曲がった廃レールがまず一本。

okutama304.jpg(1024x768)
そしてその横に、同じくらいの長さの廃レールが二本ありました。
いい…やはり廃レールは見ていると本当心ときめく…。

okutama305.jpg(1024x768)
さて…次は、ヤツだっ!!

okutama306.jpg(1024x768)
廃トロッコ。
台車が無いのが残念ですが、実に良い雰囲気を醸し出しております。

okutama307.jpg
中は枯れ葉と空き缶。

okutama308.jpg(768x1024)
今は電気が通っていない木製電柱と廃トロ…。
このどことなく感じる寂しさが何とも言えませんな。

okutama309.jpg(1024x768)
その右側のやや下がった所に、立入禁止区域があります。

okutama310.jpg(768x1024)
柵は南京錠付きでガッチリしており入れませんので、柵ごしに。
柵の先はここから氷川鉱山を繋ぐ橋ですが、既に橋桁は外され、柱とワイヤーのみとなっております。

okutama311.jpg
ではトロッコを正面にそろそろお昼にしましょうかね…。
もうお腹ぺこぺこでした。

okutama312.jpg(1024x768)
そして腹ごしらえを終え一服した後に、本日のエクストラタイムに突入しようかと思います。
無残に壊された小さなお堂と、その横に新たな道…。
そう!この場所がゴールでありましたが、道は続くのです。

okutama313.jpg(1024x768)
さて行くか…と思ったら、ここで最悪のアクシデントがっ!!
ポツポツと…雨である。

最悪でございます!
ふと脳裏にとてつもない恐怖が過ぎる。

ここに来るまでに突破して来た数々の修羅場を、今度は雨の中突破しなくてはならんのかと…。
ダメだ!本気でシャレにならない!
雨の中あの修羅場を進むとか、どんだけチャンピョンシップ ロードランナーかとっ!!

急いで撤収でございます!!

okutama314.jpg
そして急ぎつつ慎重に進みつつ廃道の入り口へ戻ってまいりました…。
幸い雨は本降りになる事はなく、少し降っては止みをくり返しており、入り口に着く頃には完全に止んでおりました。

帰ってこれて…良かった。
しかし落ちてきた雨粒で徐々に濡れていく足元の石に、同じく雨粒でバラバラと一斉に音を立てる枯れ葉の恐怖はハンパではなく、実際に修羅場の何箇所かは、雨に打たれながらの突破でしたので、生きた心地がしませんでした…。
そういえば、入るときにあった車がなくなっておりますな。

okutama315.jpg
そして今回もトレッキングポールとして大変お世話になった枝を適当なところに戻します。
そういえば去年の枝、挿しておいた場所に無かったなぁ…。
きっとここに訪れた誰かのお役にたったのだろう。

okutama316.jpg
歩きやす~い!
アスファルト万歳!アスファルト万歳ー!!

そして下山中、廃道で出会ったおじ様達が乗った車がわたくしを通り過ぎて行きました。
やはり入り口に停車してあった車はあのおじ様達の車だったようだ。
まぁこれで無事帰還しましたよアピールも出来た事だろう。

okutama317.jpg
でも足はもうボロボロ…。
2時19分、大沢バス亭に帰還。
バスが来るまで50分ありますが、くったくたなのでバスを待つ事にします。

okutama318.jpg(1007x967)
という事で!今回の奥多摩探索はこれで終了となります!
歩いた距離は片道3.432kmで往復6.864kmとなりました。
いままでで一番疲れたと思ってたけど、約7kも歩いたのか…。

ちなみに…
okutama319.jpg
最初に言っていた攻略アイテムとは、クライミングロープ20mを2本と、写真には写っていませんが、同じくロッククライミング用のシットハーネスでした。
結局今回はリュックから取り出すことは無かったけど、今後の探索で使う機会もあるかな?



コメント

ご無事でなにより

私は湖巡りが好きでアチコチ行ってます
そのうち奥多摩湖にも行ってみたいと思います

RGZを(脚部のみ)組みました
BANDAIの設計・金型製作技術マジパネェっすね

システムインジェクション技術はPGガンダムやMGガンダムver1.5で腰抜かしたので知っていましたがこんな小さい1/144で・・・マジたまげました

目が非常に悪いので残りの部分組めるか心配ですが頑張ります

>ディックDさん

湖めぐりいいですね!
そういえば奥多摩湖は行った事ないですね。
日原方面ばっか行ってましたので…。(笑

あとRGのゼータ製作がんばって下さい!
確かにバンダイの技術料は神業レベルで、自分もよく圧倒されておりますが、極たま~に、ヘマするんですよね。(笑
記憶に新しいのがRGのファーストガンダムとか。

それと視力が悪いとの事ですので、固定式のルーペなどを導入されてみては如何でしょうか!
自分は視力は良い方ですが、豆粒作業の時には使っており、結構頼りになりますよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torahanako.blog28.fc2.com/tb.php/853-771432a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





完成記事リンク

フルスクラッチ1/12郵便差出箱1号初丸型&角型

フルスクラッチ1/12郵便差出箱8号初期型&郵トピア記念ポスト

wave 1/12 アストロシティ

1/12フルスクラッチ 全自動麻雀卓 アモスアルティマ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/2 BB-8

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

トランスフォーマー DMK-03 オプティマスプライム ロストエイジVer.

マクドナルド フードストラップ カスタム

フルスクラッチトランスフォーマーアニメイテッド サリ

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する