模型の制作代行と趣味の日記

2017-06

奥多摩へ行こう2017リベンジ

 今年の奥多摩散歩は、廃トロッコ成分が足りなすぎた…。
あんな廃レールを数本見ただけじゃ物足りなすぎて、ここ最近寝付きが悪し、お肌もガサガサになってくる有様でしたので、あれから約二ヶ月!廃トロ成分を蓄えるべく再び行ってきました奥多摩!!

okutama164.jpg
昨日のお話なので5月29日、朝9時20分奥多摩駅に到着。
これ以上遅れると梅雨に入るし、それが過ぎたら真夏となり暑くなりますので、もう行くなら今しかないと!
といっても…天気予報では本日の気温は真夏日との事ですので、とても暑いっす…。

というわけで、まぁへたれ具合はあんま変わらないのですが、よろしければ続きをどーぞ!


今回もバスまでに55分ほどありますので、今回は下の川原に降りてみようかと思います。
okutama165.jpg
駅の向かいの下のほうに川が流れているのですが、今まで何処から下の川原に降りれるのかずっと分からなかったのですが、今回遂に判明!
っていうか川原に下りるこの階段、見た目がスタッフオンリーすぎて気付かんわ!

okutama166.jpg(1024x768)
キレイ…。
奥多摩散歩も7回目となりますが、思えば川に来るのは初めてです。

okutama167.jpg
水はとても冷たく澄んでいました。
あぁ…暑いし超入って泳ぎたい。




okutama168.jpg(768x1024)
そしてバスに乗り10時半、今年も来ました日原へ!
目の前には毎度お馴染みの超巨大崩落跡が見えております。
何度見ても圧倒されますな…山のほぼ天辺からおよそ100m以上下の崖下まで丸ごと崩れ落ちているのです。

さてここまで来たからには、とりあえずいつのもグランビー鉱車に会いに行こうかと思います。
okutama169.jpg(1024x768)
やはり草木がすっかり茂っているので、少し見難いですね…。
普段はそれを避けるために、暖かくなり初めたけどまだ草木は茂っていない4月を狙って来ていたのですよね。
そういえば初めて来た時も、こんな感じでしたな。

okutama170.jpg(768x1024)
でも逆にその方が絵になる所もあるのですよ!
この自然に飲み込まれた感が、凄く…いい。
上の写真のグランビーから少し離れた所で、グランビー数台とそれを引っ張っていたバテロコ、そしてそれらが乗っていたレールが丸ごと崩落により落ちてバラバラになって散乱しております。

okutama171.jpg(1024x768)
ぐにゃりとねじ曲がって散乱している廃レール。
いい…これぞ廃レールのあるべき姿です。やっぱこうでなくちゃね!
しかし、本当ここら一帯は何があってこんな状態になっているのでしょうか…。
上の超巨大崩落と同じ時に崩れたのか?、それとも奥多摩工業お得意の爆破処理によるものなのか…?

さて、いつもはここのコンクリに座ってお昼を食べるのですが、今回は最初の川原でのんびりしすぎたせいで、バスの出発時間スレスレでお昼を買う時間が無くなってしまったので、お昼は抜きでございます…。



日原トンネルの前に戻ってきました。
okutama172.jpg
さて!廃トロ成分を十分吸収し、お肌のカサカサも潤った事ですし、次はここへ来たもう一つの目的地へ行きましょう。
日原トンネルの右脇、赤矢印の所です。

okutama173.jpg(1024x768)
ここから先は廃道となり、今まではネットでの事前調査でここから先には廃トロ成分は特に無い事は知っていたので、ちょろっと覗くくらいでスルーしていたのですが、今回はちょっと行ってみようかと思います。
あの超巨大崩落を間近で見るために…。

okutama174.jpg
という事で今回も廃道探索の始まりです。

okutama175.jpg(768x1024)
道が草と石ころで覆われていたかと思えば、こんな感じにアスファルトやガードレールが現れたりと、まさに廃道といった感じですな!

okutama176.jpg(1024x768)
見えて来ました…。
気のせいか、遠目から見ていた時よりも急斜面に見えるのですが…。

okutama177.jpg(1024x768)
進むと現れたのが、いわゆる旧日原トンネルというやつです。
ちなみに鉄格子で閉ざされておりますが、引けば簡単に開きます。
まぁ、ライトを持って来ていませんので入れませんが。

okutama178.jpg
そしてまたまたトンネルの右脇を進みます。

okutama179.jpg (768x1024)
本格的になってきました…。
ある意味ここが真のスタート地点といった所でしょうか。
今回も前回同様一歩踏み込む度に、草や枯葉に隠れた石を踏んで体がよろめくという状態で、歩くだけで徐々に体力が吸われていくという…。

okutama180.jpg (1024x768)
進むと筒のような廃材があり、中には何と廃レールが二本入っておりました!
思いがけないボーナス廃レールに、虎ちゃんここで少し気力回復。

okutama181.jpg (1024x768)
したのも束の間…何やら早くも不穏な空気が…。

okutama182.jpg(1024x768)
難所来るの早えーよ!!もうですかっ!?

okutama183.jpg(768x1024)
とりあえずまず、横にあるこの崩れたコンクリの威圧感がヤバイ…。
これがまさに“ガチ”というやつですね…。

okutama184.jpg(768x1024)
そして目の前に広がるのは、もう廃道でも何でもない、ただの崩れた岩場の急斜面…。
ここ進めってか!
しかし前回の廃道のような、足を滑らす=即谷底というわけではないので、全体的に見るとめちゃくちゃ怖いですが、細かく区切って目の前の部分だけを一つ一つどう突破するかを考えて進めば、何とか行けそうな気がします…。
ということで前進します!


少し進んで横を見た状態。
okutama185.jpg(1024x768)
やっぱり怖えーよ!!
岩一つ一つがデカイので、足を滑らせたら骨折くらいはする高さがありますし、やっぱり場所によっては即谷底な所も…。
アレ…おかちいな…。
楽しいはずの奥多摩散歩なのに、何で俺半べそかいてんだろ…?

okutama186.jpg(768x1024)
進むべきではなかったと思いながらも何とか進みます。
歩くというより、岩を一つ一つ乗り越えならが進んで行くと、やっと普通に歩けそうな所が見えてきました。

okutama187.jpg
ちょっと一安心。
まぁ怖い状態には変わりはないのですが…。

okutama188.jpg (1024x768)
そして登っていきますと、遂に見えました!超巨大崩落!

okutama189.jpg(768 x 1024)
しかしここで思わぬ想定外な事態が!
現在いる場所よりこの崩落地帯は結構低い位置にあるのです…。
これ何処から降りればいいんだ…?周りを見渡すも、歩いて降りれそうな所が無いのですけど…。
飛び降りれば良いじゃん?と言われれば該当する場所はあちこちにあるのですが、なんか間近でみると結構な急斜面で着地と同時に滑って谷底まで転げ落ちる未来しか見えないのですが…。
容赦無い配慮ゼロのこの状態…さきほどの崩れたコンクリでも感じた“ガチ”が目の前に広がっております…。


さて皆さん!わたくしに投げ付けるゴミや空き缶の準備はよろしいでしょうか?
はい!ここで撤退します!

ブーブーブーッ!!
いや違うんだって!本当違うんだって…。

実はもうここでわたくしの気力は完全に無くなっておりました。
真夏日だけに暑くて汗だくなのに加え、ここまでの道のりが怖すぎたと言う事もありますが、実はもう一つ撤退を決めた理由があるのです。
それは旧日原トンネルの横を進み始め、本格的な廃道になってきたあたりからなのですが、野生動物のウンウンの臭い(かなりHOTな)がずっと立ちこめているのです。
そして良く見るとそこらじゅうにウンウンがあり、小さいコロコロしたニホンカモシカの物から、それの2~3倍はあろうかという、明らかに大型な動物の物まで…。
更に言うとそのスウィーティーっぷりから察するに、投下されてから一日経ってない…。

完全に来る時期間違えた…。
カモシカくらいなら、いきなり逆ギレで突進とかして来なければ大丈夫だとは思うのですが、あの大きいのがもしクマちゃんのだったとしたら考えるとかなり怖いです。
最近色々ニュースで聞きますし、奥多摩は普通にクマちゃんの生息地帯ですので。

okutama190.jpg
ということで、また半ベソになりながら来た道を戻り無事生還。
己のへたれっぷりに呆れつつ、生きて帰って来れた事への喜びを実感しながら、後は普通に奥多摩散歩を楽しもうかと思います。

okutama191.jpg
トンネル内はとても涼しいので、まさに生き返った気分です。

okutama192.jpg
さすが1km以上あるトンネルなので、非常電話が備え付けられているようです。

okutama193.jpg
非常電話。
「お願い!助けて!
ウンウンが!ウンウンがしたいの!!」

okutama194.jpg(1024x768)
トンネルを抜けて少し進むと見えるのが氷川鉱山。
前も紹介しましたがこれは本当巨大さに圧倒されますので、機会があれぜひ実際に肉眼で見てもらいたいです。
超巨大崩落といい、奥多摩はスケールの大きさに圧倒される物が多いですね。

ちなみに現在採掘作業は、ここではほとんどされていないようで、ここよりもっと山奥の所で新たな拠点を切り開き進められているようです。
入口の駐車場には作業員さん達の車が結構ありましたので、まだ人の出入りはあるようですが、ここも時期に廃鉱山となるのでしょうね。

okutama195.jpg
そして少し進むと天然記念物の倉沢ヒノキへ行く階段があります。
微塵も興味が無いので今回もスルーします。

okutama196.jpg(1024x768)
ちなみに案内板の所要時間は少しサバ読んでいるようです。

okutama197.jpg
更に進むと例の崖っぷちの廃墟があるのですが、周辺の木が伐採されていて今回は全貌をしっかり見る事ができました。

okutama198.jpg
開いた雨戸から布団が見えてる…。
なんか生々しくて嫌だなぁ…。
どうやら入ろうと思えば簡単に入れそうではありますが、やはり廃墟にはあまり興味は持てないのでスルーします。

okutama199.jpg(768x1024)
まぁ廃トロに廃道と、廃成分は十分に蓄えましたので、あとは普通に景色を楽しみますよ!
枯れ木の状態の時に基本来ているので、こう青々と茂った状態は見ていてとても気持ちが良いです。

okutama200.jpg(1024x768)
さて毎度お馴染みの鉄橋が見えて来ましたので終わりは近いです。

okutama201.jpg
白妙橋に到着。
今回もここが終点といたしまして、奥多摩散歩は無事終了となります。
あぁ…お腹すいた…。

okutama202.jpg
バスの乗りまして午後2時、奥多摩駅に到着。
まぁ一応崩落跡も間近で見ることも出来ましたし、個人的には満足です。

という事で!今年の奥多摩散歩はこれで本当に終わりです!
長々とお付き合いありがとうございました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torahanako.blog28.fc2.com/tb.php/776-fbb76501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





最近の完成品

wave 1/12 アストロシティ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する