模型の制作代行と趣味の日記

2017-11

DMK03 トランスフォーマー オプティマスプライム その1

 ふぅ…、やっとPCが使えるようになった。
実はわたくのPCはHDDが死に掛けておりまして、もう翼と頭の輪っかが生えてハープ弾きながら上に昇ろうとしているのを、足に鎖を付けて引き止めている様な状態だったので、HDDを買い換えて組みなおしておりました。
いやぁ~!読み込み早い!快適快適!

さてさて!では本題に入りまして、もう一つの依頼品のDMK03のオプティマスプライム・ロストエイジVerですが…、実は初っ端から躓いている状態でした…。

sonota729.jpg
最初から組み上がってる内部フレーム。
これってもちかちて…、ラメ入りABSじゃ…。
さてどうちよう…。

まぁ、それでは続きをどーじょ…。 


ラメ入りは…ラメ入りは本当にアカンて!!!1
普通のABSですら塗装は危険なのに、ラメ入りは本当にヤバイです!

あぁ…、かつてのトラウマが蘇る…。 パキッ ポキッって… あぁぁぁぁぁ…

ラメ入りABSの弱さを紙で例えるならば、普通のプラ(スチロール)がプリンターに使うような普通紙ならば、ABSはそれよりやや薄く弱い紙、そしてラメ入りABSはその弱い紙に細かい穴を無数に空けたようなもんですので、塗料の溶剤完全ウェルカム状態なのです…。

普段は指示によりABSも塗装しておりますが、さすがにこれはやめておこう…。
それにかなりしっかり接着されてしまっているので、分解も出来ないし。
という事で、内部フレームは細かい金色の所とかを除き、無塗装で行くことに…。



では、いきなり障害に当たってしまいましたが、とりあえず胴体から。
sonota730.jpg
出来るだけ映画に近い仕上がりにしたいと思い、映画の画像を色々見ながら各部分製作プランを立てているわけですが、どうやらこのキット、映画の物とは全体的なフォルムは似ておりますが、細かくパーツ単位で見てみると結構違うみたいです。
まぁ映画のオプティマスはかなり細かい作りになっているので、可動や強度の問題を考えると多少のオミットは致し方ないのですが、それでもこれはヒドイ!という部分は少し手を加える事にしました。

まずは画像の赤丸の部分。
キットでは塞がれておりますが、映画ではここはチューブが何本か見えているんですね。

映画のオプティ
sonota731.jpg
ご覧の通りここはかなり目立つ部分ですので、是非とも何とかしたいところ!

sonota732.jpg
という事で余分な部分を切り落とし、チューブを生やすプラ板を追加してこんな感じで配線でチューブを再現しました。

そして各部画像を参考に塗装・傷付け・ウェザリングしてこんな感じ!
sonota734.jpg(800x600)
ウェザリングの加減や傷を付けた時の見栄えがどれくらいなもんかが気になったので、試しに胴体は最後の仕上げまで完成させてみました。
うむ、結構映画の雰囲気は出たんじゃない?

うしろ
sonota735.jpg(800x600)
ちなみに内部フレームのメタリックグレーの部分は最初に言ったように一部を除き基本無塗装ですが、お腹のシルバーの部分は可動にはあまり関係がないし、普通の部品と同じ感じだったので塗装しました。

よしこれで胴体は完成!…と言いたい所なのですが、実はまだ問題が…。

またまた映画のオプティ
sonota737.jpg
赤矢印の部分。
オプティの体や剣にはいたる所に文字が刻まれていて、矢印の肩の部分にも刻まれており、これは付属のデカールで再現するのですが…。

sonota738.jpg
字が青い…。
多分(オ)のやつが肩に貼る物だと思うのですが、これ貼ると絶対浮く…。
何で黒で印刷しなかった!!何で青いんだよ!!
それとも今回は映画見てないから知らないけど、劇中でこの文字青く光ったりでもすんのかな?

ちなみになぜ「多分」かというと、このデカール、ボディの青い所に貼る赤い模様のデカールは番号が割り振られていて、普通に説明書に貼る指定位置が記載されているのですが、一方文字のデカールは番号ではなくアイウエオの五十音が振られていて、なんと説明書ではこれに関してまったく触れられていないのです…。

どうしよう…。
これの判断は俺には無理だ…。
依頼者様に指示を仰ごう。

それと最後にデカールつながりでもう一つ!
このキットのデカール…、何か変です。
sonota733.jpg
デカールの表面の上に謎のクリアーの膜が…?
見た感じデカールの上に筆塗りでぼてっとクリアーを塗ったような感じ。
そしてそのクリアーは思いっきり豪快にはみ出していますので、カットしなくてはいけないのですが、その際に超簡単にペロンとはがれてしまいます。
まったく食いついていないようだ…。

このクリアー膜があると、デカールが分厚い状態なので曲面になじませにくいので、はがした方が良いでしょう。
ちなみに剥がすと逆に普通のデカールより薄く弱くなるので、貼るのが少々難しくなります。

…どうしろと!?












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torahanako.blog28.fc2.com/tb.php/584-c5321e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





完成記事リンク

フルスクラッチ1/12郵便差出箱8号

wave 1/12 アストロシティ

1/12フルスクラッチ 全自動麻雀卓 アモスアルティマ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

トランスフォーマー DMK-03 オプティマスプライム ロストエイジVer.

マクドナルド フードストラップ カスタム

フルスクラッチトランスフォーマーアニメイテッド サリ

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する