模型の制作代行と趣味の日記

2017-07

貧乏レプリカNo1 BXライトセーバー その5 (ダースベイダーEP5版)

 さて…お次はここ…。
筒の傷の修復なんですが…、思えばここに手を出したのが地獄の始まりでした…。

vader_saber_03.jpg
え~ん!え~ん!
続きは見ないでぇ~!!


さて、傷をどう埋めて修復しようかと考えた結果、金属の傷埋めはハンダが良いとの事で、早速埋めてみる事に。
そして埋めた後は前から興味のあった電気メッキをやってみようという作戦です。

まずは傷埋めから。
vader_saber_36.jpg
ハンダごては基盤用より熱の強いやつです。

vader_saber_37.jpg
ハンダが密着しやすいように、事前に表面を削っておきました。
どうやらこれのメッキは表面のクロームメッキの下に銅メッキもされているようです。

vader_saber_38.jpg
そしてハンダ付け!


…が!
この作戦は失敗でした…。


確かにこの状態ではガッチリ密着しているのですが、いざ削って薄くなっていくとあっさりポロっと剥がれてしましました…。
何度やってもそうなるので、穴埋めは諦める事に…。
じゃぁ 削ってしまった部分のメッキの修復だけしますかね…。


という事で作戦2!電気メッキ!


お手軽お手製電気メッキセット。
vader_saber_40.jpg
ちなみに電気メッキとは、名前の通り電気を使ってメッキを施す方法で、対象物は電気を通す物(金属とか)に限られるけど、業者オンリーな真空蒸着メッキとかと違って危険な薬物も使わず、ご家庭で簡単に出来るメッキ方です。

vader_saber_41.jpg
ちなみにこちらが電気メッキに使う、銅メッキ液とニッケルメッキ液の二種類。
銅メッキはメッキ界のサーフェイサーのようなもので、メッキをする前の下地処理として使います。
なんでも銅メッキは厚掛けできて、かすかな小キズくらいなら埋められるとか…。
そういえば上の写真も下地に銅メッキしていましたね。

それで一部だけメッキを掛けると、色合いに違いがでそうだと思ったので全体にメッキを掛ける事にしたので、せっかくなので他の傷や前から気になっていた表面の粗さも全部ヤスリで削ってやる事にしました。
vader_saber_39.jpg
元からこんな感じで表面が粗いんですよね…。

さていよいよメッキだ!
vader_saber_42.jpg
まずは下地の銅メッキから…、おお!銅の色が付いた!!


…がっ!!
この作戦も失敗でした…。



この写真を見て欲しい…。
vader_saber_43.jpg
矢印の所、表面を削った際に下地が完全に出てしまった所なんですが、そこだけメッキが付いていません…。
調べたところによると、どうやら金属には電気を通しやすい物と通しにくい物があるそうで…、ステンレスなんかはほとんど電気を通さないらしいです。
そしてどうやらこのライトセーバーの筒に使われている金属は(多分ですが)ステンレスです…。
そういう事で、表面に元々のメッキが残っていた所だけメッキが付いて、下地が出てる所はメッキが掛けられない10円ハゲ状態です…。

って、なんじゃそりゃ…!!!11
はじめて知ったわそんな事!!…まったく運が悪いというか、無知ゆえの過ちというか…。
ステンレスって…、金属なのに電気通さないのね…。
念のため以前買ったステンレス製のライトセーバー、ルークEP6の使わなかった部品にメッキを掛けてみた所、まったく掛からなかったです。

しかしここで一筋の希望の光!救済アイテムが!!
vader_saber_44.jpg
ステンレス前処理液。
この液で事前に処理しておくと、メッキが掛からないステンレスでもメッキが掛けられるとか…。
キタぜ!これ!
さっそく取り寄せてチャレンジ!

vader_saber_45.jpg
おお!掛かった!!!
下地が出てた部分もうっすら銅色になってます!

がっ!!!
この作戦も失敗でした…!!1


確かに一旦は掛かるけど、厚掛けや二度掛けしようとすると、前処理液を使って掛けた所のメッキが落ちてしまうという…。
という事で、電気メッキ作戦はニッケルメッキ液を使う前に失敗におわります…。
電気メッキって…難しいね。

さてどうしよう…、全体を削っちゃってて更に中途半端に銅メッキが付いて悲惨な状態になっちゃってる…。
もうここで心折れかかってる状態ですが、何とか次なる作戦を考える…。
そうだ!いっそ全部下地を出しちゃってそれでキレイに磨けばいいんじゃね!!


という事で作戦3!削り出し作戦!
がっ!!!!!




vader_saber_46.jpg
… ポキン(心が折れた音)
プロの掛けたメッキってかなり頑丈ね…。
削っても削っても中々元々のメッキが落ちないので、荒いヤスリでやった所…、表面が余計汚くなってしまった…。
そういえば傷部分を削って下地を出した時も結構時間かかったんだっけ…。

vader_saber_47.jpg
ここでわたくしのアイアンハートも遂に粉々になりました…。
え~ん!え~ん!ハウハウ…ハウハウ。
もうやだ~!!!1

これは…、遂にあの言葉を言っちゃってもいいんじゃないのでしょうか。


完 全 敗 北!


そして…、ここから約半年くらい放置しちょりました…。
が、ブログにもすでにこの企画書いちゃってるし、このまま終わらすのも嫌なので、悩みに悩んだ結果…





vader_saber_48.jpg
もう一本ジャンクを購入♪
イヤァァァアアァァン!!
最初に買ったのが4100円、今回のが3300円…、そしてメッキ液二本と前処理液で6800円くらい…。
すでに新品が買える金額である…。
あぁもう!これじゃ貧乏レプリカの意味ないじゃん!

vader_saber_49.jpg
さて新たに手に入れたジャンク品だが、こちらも負けず劣らずボロボロで筒の部分も少し傷がついているが、まぁアレよりはマシだろう…。

vader_saber_50.jpg
さっそくばらしてアレと比較。
うわぁピカピカやぁ~…、超キレイに見える…。
よし…、筒だけは新たに手に入れたこっちを使おう…。


という事で、筒パーツの修復はボッコボコの完全敗北という形で終わりましたのよ…。
カッコつけて良い所だけつまんで書くのは嫌なので、赤裸々に失敗記事を書きましたが…まぁたまにはこういう事もあるさ!
そりゃそうだ!誰だって最初は失敗するもんさ!おかげで金属とメッキについて、かなり無駄に詳しくなる事が出来たしさ…。
この失敗も、糧になるはず!…たぶん。


さて次回はいよいよ完成編です。
続く

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torahanako.blog28.fc2.com/tb.php/459-b8b29d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





最近の完成品

wave 1/12 アストロシティ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する