模型の制作代行と趣味の日記

2017-09

ファットボーイ 8発目その5

 季節の変わり目ってやつは…アレルギー体質のわたくしはもう生きているだけで辛いです…。

さてファットボーイなんですが、どうやら近年ハーレーダビッドソンミュージアムなる所で、T2に使われたファットボーイの実車が展示されたらしく、その写真から新たに色々分かってきたという事で!依頼者様からご依頼を受けて新パーツの製作です!

って、実物残ってたんだ…。
ターミネーター展などの過去のプロップ展示の場では、ぶっちゃけただの市販のバイクと変わらないせいか、全然展示される事もなかったし、もう残ってないもんだと思ってました。
劇中でそうとう無茶させてるしね。

sonota1207.jpg
これがその実車の写真なのですが、今回作るのは赤枠の所。
シュワさんがジョン・コナーを掴み上げて自分のバイクに乗せるシーンがありますが、その時前に乗せるので、エンジン近くに専用のステップが付いているのです。

市販のパーツなのか、それとも映画のために作った物なのかは不明なのですが、普通に考えて前に乗せるのは不自然なので、おそらく映画専用パーツだと思います。


sonota1208.jpg
では早速作ります!
ネジに大小のワッシャーを交互に入れて市販のプラパーツを付けて、ステップの第一原型完成。
これを複製して加工した物を真の原型とします。
一応この部分はキットに似た部品があるので、それを複製すれば事は楽に進むのですが、今回はサドルバックに続く新たなカスタムパーツとして売り出そうかとも考えておりますので、そうなりますとキットの部品の複製品は使えませんので、一からの製作となりました。

sonota1209.jpg
という事でT2ファットボーイ専用タンデムステップの原型完成です。



ロボダッチその103

 ロボダッチ・プロレス島ベースの続きでございます。
やっとデカール一式が出来上がりました!

sonota1202.jpg
やっとでけた…。
プロレス島用、虎花工房特性デカール2枚と白発色強化デカール。
ちなみに下の方のロボダッチロゴと目のデカールは、別件用の物です。



sonota1203.jpg
そう…デラックスキットだからと言ってもこれはロボダッチ、油断は出来ません。
リング側面に貼る物は、赤・青リングの物よりランクアップして紙シールとなり上質化しているものの、旗はやはり説明書を切り取りポールに巻き付ける仕様になっているのです…。

紙では強度の問題もありますし、紙シールの方も依頼者様いわく経年劣化で糊が弱くなっているようで、すぐはがれてしまうそうですので、ご相談の結果オールデカール化での製作となりました。


sonota1204.jpg
という事で、旗のポールには0.5mmのプラ板を取り付けました。
パッと見、プラ板が即行で取れそうな見た目をしておりますが、ポールに深い溝を彫り込み、そこにプラ板を差し込む形で接着しておりますので、何気にかなり丈夫に接着されております。


sonota1205.jpg
そしてデカールの画像データにも気を使っております。
画像左のように元の紙シールは、色のずれ等色々と汚いので、デカールのデータを作る際に、そういった部分を全て修正しております。
ある意味デジタルリマスターである…。
ちなみにデカール作りに時間が掛かったのは、今回作ったデカール全てをデジタルリマスターしていたからだったりします。


sonota1206.jpg
デカール貼り完了…。
これで完成状態のイメージは一切変えずに、ハイクオリティな仕上がりになりましょうて。

いやぁ~しかし、元は貼るのを躊躇うくらいしょぼい絵柄のシールでしたが、こうしっかり仕上げると、結構様になって見えるもんですな!
余白が無くなった事も、やはり効果が大きいと思いますしね!



ファットボーイ 8発目その4

 ファットボーイ現状でございます。

sonota1201.jpg
何気に結構出来ていています。
タンクとかもそろそろヤスリ掛けに入れそうですかね。

ファットボーイ 8発目その3

 ヨーグレットのドリンク型があるらしいのですが…一度も出会えた事がない。
何処で売ってんだよ…。

それはそうと、ファットボーイの続きです。

sonota1196.jpg
塗装が終わった部品が結構溜まってきましたので、そろそろ出来る所まで組み立てておこうかと思いまして、ダイキャストパーツをブリスターパックから取り出してみたところ…

sonota1197.jpg
うぉ…汚なっ!?
ダイキャストパーツは元から塗装済みで、過去のキットも多少は埃が混入しているのもありましたが…ここまでヤバイ事になっているのは初めてです…。

sonota1198.jpg
さて参りましたよコレ…。
普通のプラパーツなら即再塗装の決断が出来るのですが、金属へのプラカラーでの塗装は、たとえメタルプライマーを使ったとしても、ちょっとした衝撃でも簡単に剥げてしまうので、極力避けたいのです…。
しかもこのキットの場合、組立に少し力使う所もありますし、特にスイングアームとかは結構な力で擦れ合うので、再塗装は自殺行為といっても良いでしょうな。

なので今までは多少の埃混入も見逃して、元々の焼付け塗装の超強力な塗膜にあやかっていたのですが…、さすがにコレじゃな…。

sonota1199.jpg
という事で悩んだ結果、完成後目立つ部分で擦れない所のみ、軽く色剥げ起こさない程度に埃を削ってクリアーを吹く事にしました。
ツヤ消しの部分が削った所です。
まぁやらないよりはマシ程度の気休め処置ですが、多少は良くなると思います。

sonota1200.jpg
それとタンクとかはクリアー厚吹き→削りをくり返して、デカールの段差消し中です。
あと一回くらいやればデカールの段差は消えるかな。

ファットボーイの現在状況は以上です!

ロボダッチその102

 9月になっちゃいましたな…。
とりあえずゲロ吐いときますね!
オ゛エ゛ェェェェ… オボボ、オブォッ!オォォォオォェェェ… 。

では気を取り直して、ロボダッチの続きです!

sonota1195.jpg
一見何だか分からない写真ですが、プロレス島のリングです。
今回のリングのタマゴローの絵は、何とフルカラーなのです!

塗り分けマゾい…マゾすぎる…。

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





完成記事リンク

フルスクラッチ1/12郵便差出箱8号

wave 1/12 アストロシティ

1/12フルスクラッチ 全自動麻雀卓 アモスアルティマ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

トランスフォーマー DMK-03 オプティマスプライム ロストエイジVer.

マクドナルド フードストラップ カスタム

フルスクラッチトランスフォーマーアニメイテッド サリ

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する