模型の制作代行と趣味の日記

2016-02

バンダイ1/12 BB-8 & R2-D2 その5

 R2-D2の制作、足の次は頭でございます。

sonota938.jpg
形的には問題無いのですが、ちょいと一工夫入れて見ようかと思います。
それでは続きをどーぞ!


  

続きを読む »

バンダイ1/12 BB-8 & R2-D2 その4

 R2の制作、お続きは足でございます。

sonota934.jpg
足の下の部分。
上は普通に後ハメと合わせ目消しだけで良さそうですが、ここは少し手を加えたいと思います。

sonota935.jpg
まずはホース。
今は無きモデラーズのメッシュホースに付け替えようと思います。
そして付け根はオクで買ったメタルパイプで作ります。
ちなみにメタルパーツとの事でしたので金属かと思っていましたが、メッキをしたプラ製でした。
まぁその方が個人的には加工しやすいので助かるのですが…。

sonota936.jpg
こんな感じ。

sonota937.jpg
次にボックスに二本あるの金属部品の所。
後ハメ加工のついでに少し手を加えました。
実物の赤矢印の所はこんな感じに隙間が空いてるんですよね。

バンダイ1/12 BB-8 & R2-D2 その3

 さてR2の続きです。
何気にこのキット、一見小さくて簡単そうですが、そこらじゅうに後ハメ&合わせ目消しのポイントが潜んでいるので、しっかり作ろうとすると結構手間掛かります。
という事で少々時間は掛かりますが、一つ一つ虱潰しでやっております。

それではまずは胴体の気になる所。
sonota933.jpg
各蓋の開閉はパーツの差し替えで再現するのですが…。

sonota928.jpg
閉じた蓋を付けた時の状態に違和感あり。

sonota929.jpg
この部分が気になってしまう…。

sonota930.jpg
これは何かと言うと蓋を固定する為のでっぱりなのですが、何かゲート跡の処理をサボったみたいに見えるんですよね…。
当然ながらここを削るとスッカスカになって蓋が固定できないのである…。

そしてこの部分以外にも閉じた状態の蓋は、取り付けたときやや斜めってたり、両端の溝の太さが均等にならなかったり、入りすぎて沈んだ状態になってしまったりと、絶妙な状態で固定しておくのが結構難しく、開かない胴体と一体化された蓋と比べて、パっと見で分かるくらい浮いちゃってるんですよね。

結果それがどうしてもおもちゃっぽく見えてしまうのです…。

という事でね…
sonota931.jpg
自分用のやつは蓋固定しちゃいました♪
いや違うんだって!分かってます!わかってます!!アホな改造なのは重々承知しておりますっ!!
確かにアーム類全部付けられなくなっちゃったけど、わたくし個人的にはアーム類はそんなに頻繁に取り付けないというか、せいぜい一回取り付けてへぇ~って言って外して箱にしまってそれっきりだなぁと!

その一回のへぇ~と常に飾っておくデフォルト状態のどっちを取るかと考えたら、わたくしはデフォルト状態を取りましたのです。
前にも話しましたが、このキットは小さいわりに本当実物に忠実な出来の素晴らしいキットですので、出来るだけ映画の実物に見えるように仕上げたいわたくしとしては、僅かな所でもおもちゃっぽく見える所は出来るだけ無くしておきたいのです。

sonota932.jpg
もちろん依頼者様のはちゃんと普通に作っておりますのでご安心くださいませ!

ロボダッチその39 チャンピョンランド完成

 チャンピョンランドの5・6体目とついでにベースも仕上げましたので、これでチャンピョンランド全てが完成しました!

robodatshi_116.jpg(800x600)
ベース自体は家とかが無いので楽なのですが、やはりロボ6体は結構ハード…。
それでは続きをどーぞ!


続きを読む »

ロボダッチその38とR2-D2その2

 チャンピョンランドの5・6体目の後ハメ加工と合わせ目消しが終わりました。
これより塗装に入ります。

sonota926.jpg
結構大変だった…。
特にイチバンロボってやつの方。

そしてR2-D2も後ハメ加工をしているのですが…。
バンダイまた新素材作った?
sonota927.jpg
左がBB-8とセットのボディの部品で、右がR5-D4とセットのボディ部品。
形はまったく同じで微妙に整形色が違うのですが、違うのは整形色だけでなく左の方が凄くツヤが出ています。
そういえばスカウトもこんなツヤのある素材で、「これ色塗らなくてもエンビ板の質感出てていいな~」なんて思ってたんだっけ。
まぁ結局無塗装だと合わせ目や金型のラインなんかが修正出来ないので、塗装しましたけど…。

それでスカウトの時は後ハメ加工とかはせず普通に作ったので気付きませんでしたが、このツヤプラ、ロボダッチかっ!とツッコミたくなるほどやたら硬いんです。
後ハメ加工で邪魔になる部分をカットしていて気付いたのですが、R5とセットの方は従来のスチロールですので普通に加工できてデザインナイフもサクサク入るのですが、BB-8とセットの方のツヤプラはナイフの刃が心配になるほどガリガリと硬く、ニッパーで切ろうとすると関係ない所まで割れてしまう感じっす…。

sonota925.jpg
青い部品。
左がBB-8セットで右がR5セット。
同じ部品の加工でも、ツヤプラの方は倍近い時間が掛かりました…。

ぐぬぬ…何故にバンダイの新素材は一癖あるのだろうか?
新素材なのかは分からんけど。

何かすんません!もう素材の愚痴ばっかぬかしてて申し訳ねーです!

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





最近の完成品

wave 1/12 アストロシティ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する