模型の制作代行と趣味の日記

2014-09

HGUC ネオジオングその⑦

 さて、休暇も終わり遂に本体の制作に突入したわけなんですが…

sonota671.jpg
デカイ…
初っ端カラ、デカイ…。

そして胴体の芯になるパーツは中のダボも大きく、はめるのが硬すぎたのでトンカチ使ってはめ込みました。
プラモでトンカチ使ったの初めてだ…。

もうとにかく何もかもがデカすぎて、わたくし早くも動揺しております…。

HGUC ネオジオングその⑥ シナンジュ編 完成

 とりあえずまずはネオジオングの核となるシナンジュの完成です。


neog_sinwnju_01.jpg(600x800)
エングレービングの塗装や関節のサンドイッチなど、HGUCだと舐めて掛かったら痛い目見るキットでした…。
それと今回は別売りのガンダムデカールも貼っているのですが、これがまた結構ハードな作業でした。

うしろ
neog_sinwnju_02.jpg(600x800)
そんでその別売りのガンダムデカールなんですが、MGシナンジュVer.ka付属のデカールとほぼ同内容なんですけど、各デカールに番号の割り当てが一切無く、またキットの説明書にも当然貼る位置の指定も載っていないので、もうとにかくホビーサーチさんのサイトで見れるMGシナンジュVer.kaの説明書とデカールと見比べながら貼っていきました。
多分これがここだろうな…って感じで、200箇所以上…。
似たようなコーションでも説明文の長さや行数など微妙に違うので、とにかく間違えて貼らないようにと…。
そういうわけで、コーションは白いラインを除き、MGVer.kaと同じ感じになってます。

他の変更点は頭部アンテナ先端の安全対策部分のカットと、バズーカー持ち手をMSハンドに変更。
そしてモノアイとライフル&バズーカーのスコープにクリアーパーツを取り付けたくらいです。

よこ
neog_sinwnju_03.jpg(600x800)

そして最後にバズーカー両手持ち。
neog_sinwnju_04.jpg
シナンジュ単品のキットには、バズーカーは付いていないみたいですね。
一応ビルダーズパ-ツの1/144システムウェポン007のセットに入っているみたいですが、一本だけみたいです。

それで逆にネオジオングのシナンジュには、ビームサーベルとビームアックスに付ける透明のビーム部品が付いていません。
あくまでもネオジオング搭載用のシナンジュだから、という事でしょうかね?
そんなわけで、説明書でもビームサーベルの柄やビームアックス(手持ち用)は使わない部品扱いに…。



ということでシナンジュは以上です!
とりあえずシナンジュには本体が出来るまでの間、少し休んでて頂きましょう。

ふぅ…、なんか結構疲れた。
思えば前のHGパニガーレからあんま休みもせず作り始めたんだっけか。

次はいよいよネオジオング本体ですが、2~3日休暇を頂いてから始めるとしましょうかね。
まぁ遅れた夏休みというヤツです。
夏終わっちゃったけど。


HGUC ネオジオングその⑤ シナンジュ編その4

 現在の状況。

sonota670.jpg
何気にもうここまで来ています。
あとはデカールとクリアーでシナンジュは終わり!

これが終わったら遂にネオジオングの本体です!

ミニ四駆 ダッシュ1号エンペラー②

シナンジュの合い間制作ですが、こちらも少しづつ進んでおります。
現在はこんな感じ。

emperor1_05.jpg
それでは続きをどーぞ!

続きを読む »

アクアアンティークオーナメント

 ここでまた唐突に、虎さんの今日の一品のコーナー…。
少し前に買った物で放置していたんですが、ちょっと箱を明けてみたのでご紹介。

item_13.jpg
このデカイ箱。
何だか分かりますか?

ドンッ!
item_14.jpg (800x600)
アクアアンテークオーナメントのバックスクリーン!
キタぜコレ!!

アクアアンティーク・オーナメントシリーズとは、コトブキ工芸(コトブキヤではない)から90年代あたりに発売されていた、水槽用の装飾品です。
ラインナップはパルテノンを初め、世界の遺跡やガリオン船といった感じで、バックスクリーンと水槽内に配置するオーナメントが数種付いた超高額のセットと、そのオーナメントのみを単品化した物が発売されておりました。

水槽用の装飾品と言うと、茶色い蛸壺や赤い水車の付いた家なんかがお馴染みだと思いますが、このコトブキ工芸のアクアアンティークシリーズは、そのクオリティと価格が異常に高く、色々と度を越した伝説の商品なのです。
現在も遺跡を題材にした水槽用オーナメントは他社から各種発売されてはおりますが、クオリティの高さでは未だに抜きに出る物は無くトップの座に君臨していると思います。

ちなみにこのパルテノンのバックスクリーンは、当時のお値段65000円ですが、今回オクで新品をオーナメント無しで約1万円で購入しました。

まぁ今回は箱を開けてみただけですので、このアクアアンティークシリーズに関しては後日日を改めてちゃんとご紹介しようと思います。
今はシナンジュで忙しいので、それどころじゃないし。

item_15.jpg
色褪せないなぁ~。
当時カッケ~!って店でうっとりしていたのを覚えておりますが、今見てもスーパーカッコイイねこれ!

HGUC ネオジオングその④ シナンジュ編その3

 HGUCシナンジュの制作で、おそらく一番の難所と思われるエングレービングの塗装…。
ここさえ終わればかなり気が楽になるので、さっさと終わらす事に。

sonota665.jpg
という事で、地獄のマスキング貼りが終わりました。
ちなみにキットにはエングレービングの部分の紙シールが付いているのですが、制作代行でそんなもん使えるわけねーだろというて事で、塗装で行きます。

sonota666.jpg
貼り終ったら早速塗装して、乾いたら即剥がします。
シクってないか、何気にこれがドキドキの作業なのです。

sonota667.jpg
そして一筋縄では行かないのがシールド。
エングレービングと黒部分が中央のエンブレムに向かって階段のような段差になっているのです。
こういった段差の部分をマスキングで塗り分ける場合、下の段から順々に塗っていった方がキレイに仕上がるので、めんどいですが黒金黒金と最下段から順々にマスキングして塗装していく事に…。

sonota668.jpg
そして最上段のエンブレムのマスキング貼り。

sonota669.jpg
塗装が終わったら事前に彫っておいたスジに墨入れして完了。
墨入れをするとわずかなはみ出しとかが消えて引き締まる感じ!

…ってマゾいっつーの!
でも苦労の甲斐もあって結構キレイに出来たと思います。

そんで他の部分の作業ですが、表面処理の作業は全ての部品が終わってるので、あとは塗装のみです。
何気にシナンジュは完成が見えてきた感じっすかね。

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

FC2カウンター

プロフィール

虎花子 慶介

残り体力 虎花子 慶介です。
模型の製作代行をしております。
御用がありましたら、何なりとお申し付けくださいませ!

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

 

〇制作代行お見積もりメールフォーム

プラモデルの制作代行お受けいたします! メーカー名、キット名と、仕上げ方などその他ご要望がございましたらご記入の上、送信して下さい。 後日こちらからお見積もりをお出ししまして、ご返信させて頂きます! ※返信には数日掛かる場合もございます。またキットによってはお受け出来ない場合もございますので、ご了承ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:

※連絡掲示板





完成記事リンク

フルスクラッチ1/12郵便差出箱8号

wave 1/12 アストロシティ

1/12フルスクラッチ 全自動麻雀卓 アモスアルティマ

超ミニロボダッチサイズ タマゴロー

バンダイ スター・ウォーズ1/12 R2-D2 & R5-D4

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ依頼者様仕様

ロボダッチ 柿の木

トランスフォーマー DMK-03 オプティマスプライム ロストエイジVer.

マクドナルド フードストラップ カスタム

フルスクラッチトランスフォーマーアニメイテッド サリ

ブログ内検索

ハイパーなんぽリンク

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

リンク

このブログをリンクに追加する